『プラネット賞』9月月間賞発表!

こんばんは!岩井葉介です。

ラジオリスナーに強烈なインパクトを残した番組を、ラジオリスナーが選び顕彰する『プラネット賞』

ラジオリスナーのみによって構成された、プラネット賞二次選考委員50人が、一次選考で選ばれた4番組に1人1票投票し9月月間賞が決定しました。

※一次選考についてはこちらの記事を参照ください。
https://note.com/jiminychan/n/n338b3837fcda

それでは、『プラネット賞』9月月間賞を発表させていただきます!!今回は2番組が同票で三位となっています。

【二次選考結果 ※辞退1】
三位 4票
「マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)
2020年9月21日(月)放送分

同票三位 4票
「空気階段の踊り場」(TBSラジオ)
2020年9月26日(土)放送分

二位 7票
「フワちゃんのオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)
2020年9月23日(水)放送分

一位 34票
「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)
2020年9月8日(火)放送分

ということで、『プラネット賞』9月月間賞は、
「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)
2020年9月8日(火)放送分
となりました!

各番組への投票理由の一部をご紹介致します。
ーーー
<投票:爆笑問題カーボーイ>
田中さんコロナにより伊集院さんがついに火曜JUNKに登場。
ワンピースの白ひげVSシャンクスを彷彿とさせるあの輪に入ったら命を落とすんじゃないかとも錯覚する互いに1歩も引かないトークとボケの攻防。
そんな中で、お互いを信用しているからこそ太田社長やTBSへの不満、神田伯山など普段では絶対に触れない深いところに切り込んでいくあの緊張感。
アンガールズ、古舘伊知郎、劇団ひとり、渡辺リーダー、中山秀征、伊集院光…数々の一流芸能人が太田さんと対峙する中で、やはり猛獣太田光を乗りこなせるのは爆笑問題・田中裕二ただ1人だなとも同時に思った意義深い放送でした。
---
<投票:爆笑問題カーボーイ>
伊集院さんと太田さん2人のラジオをカーボーイという枠でやったことが、2020年を象徴する出来事のような感じがしました。文化的にどこが優れてるとかはないですが、とにかく聴いてる間ずーっと面白かったのが選んだ理由です。
---
<投票:フワちゃんのオールナイトニッポン0>
推薦コメントの「これまで聴いてきたラジオのあり方とか、こうでなければいけない!!みたいな固定概念がフワちゃんという起爆剤で消し飛んだ気がした」と同意見です。曲と一緒に歌う(しかもうまい)、フリートークが無くて泣く、手作りジングル(メンツが豪華)などなど、「ラジオの常識」が覆り、終始聴いていてHAPPYでした。また「フワちゃんFLIX」ファンとしては、作家・長崎さんの笑い声がYouTube同様入り込んでいるのも熱かったです。
---
<投票:空気階段の踊り場>
キング・オブ・コント直後の生放送、優勝は取れなかったが最終決戦まで残ったこともあり、熱量が大きかったし、聞いてる方も今後応援していてみたい感がしました。
---
<投票:マヂカルラブリーのオールナイトニッポン0
90分の単発番組にも関わらず、芸名の由来がブレブレな村上さんへ淡々とクレームをつけたり、”イデア”という精神世界について改めて村上さんに語らせたり、CM明けの自己紹介ボケがグダグダになったりなど、野田さんの良い意味での普通じゃなさが如何なく発揮されており、期待以上に面白かったです。アルピーのお二人とのお話もラジオリスナーには嬉しいエピソードで楽しめました。次回以降の単発やレギュラー化、待ってます!

【9月月間賞を振り返って】
9月月間賞は、爆笑問題田中さんが新型コロナウイルスで休養となってしまったピンチがあったからこそ実現した、太田さん✕伊集院さんの共演が話題となった爆笑問題カーボーイが月間賞受賞となりました。

ピンチヒッターとして出演した他の方との放送もとても面白かったのですが、この回はラジオの歴史に刻まれる程の伝説的な回になったと思います。

太田さんが投げる剛速球を伊集院さんが真っ向から受け止めそれ以上のスピードで返すという二人のトークにしびれました。

---
一次選考、二次選考ともにご協力いただきましたラジオリスナーの皆様本当にありがとうございました!

個人的な話ではありますが、前回のプラネット賞発表の際に告知させていただきましたラジオリスナーフェス2020も大盛りあがりで終了することが出来ました。課題も残りましたので次回以降は更に成長させていきたいと思っています!

プラネット賞10月月間賞の一次選考
11月1日(日)~5日(木)まで実施致します。どなたでも投票可能ですので、是非投票よろしくお願いします!