『プラネット賞2021』8月月間賞発表!

ラジオリスナーに強烈なインパクトを残した番組を、ラジオリスナーが選び顕彰する『プラネット賞』

ラジオリスナーのみによって構成された、プラネット賞二次選考委員50人が、一次選考で選ばれた4番組に1人1票投票し8月月間賞が決定しました。

※一次選考についてはこちらの記事を参照ください。

【二次選考結果 ※辞退1名】
ーーーーーーーーーーーーー
四位 5票
「ティモンディの大決起集会」エフエム愛媛
2021年8月15日(日)放送分

<選考理由>
・パーソナリティとリスナーで協力してノリを生み出す感じがラジオっぽくてすごく良かったです。

・高岸さんの応援キャラがTVショーかと思いきや応援もきっちりやり通してて本当にそういう人なんだと解って楽しいです。

ーーーーーーーーーーーーー
三位 9票
「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」ニッポン放送
2021年8月27日(金)放送分

<選考理由>
・三四郎annで年に数回のカオス回で、初めて聞く人を捨てるレベルの意味不明、なのに面白いという混乱回でした!

・アイスピックの嘘とバッ常(バッドナイス常田さん)の正義感…。時間が経つにつれて、どんどんこじれていく感じがたまりませんでした!バッ常の「はじめまして!」は恐怖でした。

ーーーーーーーーーーーーー
二位 14票
「空気階段の踊り場」TBSラジオ
2021年8月30日(月)放送分

<選考理由>
・夏の終わりに「エモ」すぎます。同じ時期に「稲村ジェーン」のラジオドラマをやっていたことも含めてこの流れはいい意味でルール違反です。ただただ「エモ」い。

・紹介されたリスナーのエピソードがどれも人間らしさを強く感じられて、まさに「ドキュメンタリーラジオ」を体現する回だったと思います。リスナーのドキュメントが詰まったメッセージ紹介に、「真夏の果実」という楽曲のイントロが加わることで、最高に青春を感じられる番組になっていました。音楽を使った演出ということで、ラジオクラウドだと魅力が完全には伝わらないのかもしれないですが、PodcastやYouTubeのラジオ番組にはできない、「地上波ラジオにしか制作できない唯一無二のラジオ番組」だと思いました。

ーーーーーーーーーーーーー
一位 21票
「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」
ニッポン放送
2021年8月31日(火)放送分

<選考理由>
・ヒップホップ界の危機に、どのような発言をするか注目が集まった回に、きちんと自らの経験を通して、業界に対して批判すべきところはきちんと行った、素晴らしい回だと思いました。

・ラジオを通じて、ヒップホップをよく知らない人にも分かりやすく、親しみをもってもらえるような楽しい放送をしてきた2人だからこそ、今回の騒動で静かに真面目に話す内容が染みました。

ーーーーーーーーーーーーー

ということで、『プラネット賞』7月月間賞は、
「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」ニッポン放送
2021年8月31日(火)放送分

となりました!

【8月月間賞を振り返って】
8月月間賞はエフエム愛媛で毎週日曜日24時から放送されている「ティモンディの決起集会」の特別番組「ティモンディの大決起集会」が二次選考に進出し、また新しいラジオ番組と出会うことが出来ました。

月間賞に選ばれた「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0」では、リリース日にも関わらず、世間を騒がせたHIPHOPイベントについて言及しなければいけないというジレンマに正面から向き合い、二人の思いを伝えるとともにその後のメールで番組の流れが一気に変わるという生放送の素晴らしさが改めて分かる内容でした。

ーーーーーーーーーーーーー
<8月月間賞一次選考投票一覧>

こちらは数日中に編集させていただき、更新後Twitterにて改めてお知らせ致します。お待たせしてしまい大変申し訳ありません。

ーーーーーーーーーーーーー

一次選考、二次選考ともにご協力いただきましたラジオリスナーの皆様本当にありがとうございました!